お店やサービスをみつけるポータルサイト

国立歴史民俗博物館

> > 国立歴史民俗博物館

国立歴史民俗博物館

商品・サービス紹介

国立歴史民俗博物館

常設展
常設の総合展示は、日本の歴史・文化の流れの中から、現代からみて重要なテーマを選び、それらを生活史に重点をおいて構成したものです。
最初に日本列島の地理的な条件を象徴する海を基調としたプロローグをおき、次いで第1展示室から第3展示室までは、原始・古代から中世を経て近世までを13のテーマと5つのサブテーマでほぼ時代順に配置しています。そして、第4展示室には日本人の民俗世界に関する6つのテーマを、第5展示室には近現代の3つのテーマを配置しています。
これらの27の各テーマは、それぞれ館内外の研究者によるプロジェクトによって、その問題に対する一つの考え方の提案を試みています。
展示資料は、前記の諸テーマに即して選び、実物資料はもちろん、複製資料や復元模型を積極的に取り入れ、それらを効果的に配列するとともに、グラフィックパネルや展示開設シート、ビデオ映像などの補助手段も使用することで、各テーマをできるだけ具体的に解説することに努めています。

メニュー・スペック

■第1展示室〜原始・古代
日本列島に人類が登場した旧石器時代から、律令(りつりょう)国家が成立した時代まで、5つのテーマを設けて日本文化の形成過程を展示しています。

■第2展示室〜中世
平安時代から安土桃山時代までの日本の文化と生活を、貴族や武士、庶民といった、様々な階層の立場から探っていきます。

■第3展示室〜近世
この展示室では、近世(16世紀末〜19世紀半ば)の人びとの生活や文化を紹介します。徳川氏が将軍の地位を独占し、江戸に幕府を開いた時期(江戸時代)とほぼ重なります。

■第4展示室〜民族
「日本人の民俗世界」と題し、都市・農村・山村・漁村そして南島というそれぞれの生活空間における多様な生活様式を、精神的世界もあわせて象徴的に紹介しています。

■第5展示室〜近代
19 世紀後半の近代の出発から 1920 年代までを、3テーマで構成しています。


その他、企画展・くらしの植物苑など
さまざまな展示を行っております。

カテゴリー ショッピングとサービス > スポーツ・レジャー・娯楽 > レジャー・娯楽施設 > 美術館・博物館・図書館
価格 入館料
一 般 420円 (350円) / 高校・大学生 250円 (200円)
小学・中学生 無料
住所 千葉県佐倉市城内町117
連絡先電話番号 03-5777-8600
営業時間/定休日 【開館時間】3月〜9月 9:30〜17:00 / 10月〜2月 9:30〜16:30
【休館日】毎週月曜(ただし、祝日にあたるときは翌日を休館日とします)
アクセス 各種アクセス方法はこちらをご参照ください。
http://www.rekihaku.ac.jp/info/access.html

お問い合わせ

お問い合わせ

その他の商品・サービス
  • 国立歴史民俗博物館 (ショッピングとサービス > スポーツ・レジャー・娯楽 > レジャー・娯楽施設 > 美術館・博物館・図書館)

会員情報

会社名
国立歴史民俗博物館
所在地
千葉県佐倉市城内町117
ホームページ
http://www.rekihaku.ac.jp/